塗装の基礎知識 塗料の選び方

すべての工程を理解し、確実に作業します。

塗り替えにはどんな塗料を選べばいいのか?
提案されても専門的すぎて判断に困る。
そうした声を活かし、大田中塗装店では次の4つのポイントを基準にご提案させていただいております。

  1. 塗り替えのサイクルの目安を何年にするか。
  2. 外壁に使用されている建材の種類とその短所。
  3. 外壁の建材の短所をカバーする最適塗料の種類。
  4. ご予算との兼ね合い。

塗り替えサイクルを重視した選び方

従来、塗り替えのサイクルは4〜5年をメドに考えられていましたが、最近は塗料の進歩により8〜10年まで効果が期待できます。
10年サイクルで計画される場合は、アクリルシリコン樹脂塗料以上のグレードが求められます。

機能を重視した選び方

技術の進歩で、塗料にいろいろな高機能を付加することが可能になっています。低汚染性、防カビ・防藻性などは、当然といった塗料の高機能化時代になっています。外壁塗装用の塗料では、防汚、防藻機能は当たり前といえるほどになっています。
光触媒塗料
低汚染塗料
遮熱塗料
防火・難燃塗料
抗菌塗料
断熱塗料
撥水コート
外壁のひび割れが多い、湿気や壁内結露からくる苔や藻類の発生、車道に面していて汚れがひどい、屋根の蓄熱で二階の部屋のエアコンの効きが悪いなど、 ご自分の住いが抱えている問題点を考慮して、ふさわしい塗料の機能を選んでみてはいかがでしょうか。

主な塗料の種類

塗料の種類 特徴
合成樹脂調合ペイント 耐用年数3〜5年。従来最も多用されてきた塗料。安価。
アクリル樹脂塗料 耐用年数5〜8年。油性ペイントより耐候性に優れ、色あせしにくい。
ウレタン樹脂塗料 耐用年数8〜10年。耐久性、耐候性、耐薬品性に優れ、多方面で使用されている。
アクリルシリコン樹脂塗料 耐用年数10〜15年。フッ素樹脂に次ぐ高耐候性。住宅の塗り替えに推奨品。
フッ素樹脂塗料 耐用年数15〜20年。高耐候性で塗膜はガラス質に近く、汚れも付きにくい。高価なのが難点。
光触媒塗料 バインダーの種類によって差がある。
イチオシ! 撥水コート
壁美人「美輝」
抜群の撥水力で建物を劣化から守る。しかも光触媒塗料より安い。

TEL 0191-52-3075(受付 8:00〜18:00) FAX 0191-53-2400(24時間受付) 地元に根ざして半世紀。信頼にお応え致します。

お問い合わせはこちら

大田中を選ぶ理由

塗装の基礎知識

施行事例

会社概要