塗装の基礎知識 施工の流れ

見積から完了まで、わかりやすく施工します。

1.お問合せ
まずはお気軽にお問い合わせください。お電話、FAX、メールなどでお問合わせを受け付けております。
2.現場調査
お電話でもおおよその見積もりを出す塗装業者もありますが、大田中塗装店は調査をすることで、適正な費用を算出することができると考えています。
お立会の上、ご希望、施工箇所などをお話し、より正確な費用をお見積もりします。大田中塗装店の担当者が実際に訪問し状況を確認します。
3.お見積もり
現地調査に基づき、施工箇所、使用する材料によって、お見積を提案いたします。
4.打合せ〜ご契約
プランの説明や工期などをご説明いたします。充分にご確認、納得して頂いた上でご契約ください。
5. 下地処理・
高圧洗浄
大きなひび割れ、欠損部などを補修して下地の調整を行います。(塗り替えは本施工前の下地が非常に大切です)
6. 仮設足場組立
高所での作業が伴うため、まず足場の組立を行い、周辺の状況に応じて飛散防止ネットやシートを張ります。
7. 養生  
植木や窓ガラスなどの塗装しない部分が汚れないように丁寧に保護します。
クラック(ひび割れの処理)やコーキング(漏水防止の処理)などの下地補修を行います。

塗装には大きく分けると、下塗り・中塗り・上塗りの3つに分類できます。

8. 下塗り
上塗り仕上げを頑丈に、美しくするためにとても重要な工程です。まずは下地調整という水洗いケレン等での壁面の掃除、ひび割れ・欠損の修正をします。外壁塗装において非常に重要な工程です。状況によって時間はかかりますが、下地の適切な処置が塗装を長持ちさせるポイントになります。その後、壁面の状態を見極めて、下塗りの塗料を選びます。
9. 中塗り
下塗りと上塗りの中間に塗りつける層のことで平滑な下地を作ることや上塗り材を規定の塗布量にする事が目的です。一般的に中塗りと上塗りは同じ塗料を使用します。
10. 上塗り
下処理を十分に行ったうえで、上塗りを規定内の希釈率で塗装することにより、はじめてその塗料の持つ耐久性が確保できます。

部材による塗装の違い
【鉄部】 鉄部の場合には下塗りにサビ止めを使用します。
【木部】 塗料で塗装致します。
11. 養生はがし
必要のない部分から養生をはがしていきます。
12. お客様立合・
検査
お客様にお立ち合い頂き、説明し検査します。
13. 足場解体
OKがでましたら足場解体作業へ入ります。
14. 完成 
見違えるほど新築の時の輝きを取り戻します。
15. お支払い
工事完了後に請求書をお出しします。集金または、銀行振込にてお支払いください。

TEL 0191-52-3075(受付 8:00〜18:00) FAX 0191-53-2400(24時間受付) 地元に根ざして半世紀。信頼にお応え致します。

お問い合わせはこちら

大田中を選ぶ理由

塗装の基礎知識

施行事例

会社概要